RSS | ATOM | SEARCH
消防・火災避難誘導訓練
 


 消防署の方の指導で消防・避難誘導訓練をしました。出火場所の確認、消防署への連絡、初期の消火、館内のお客様の避難誘導、宿泊者の人数安否確認等です。ぎこちなく緊張の連続でした。

 民宿の営業についてです。民宿の料理とか接客とか設備のこととは別に火災からお客様を守ることと食中毒の防止また夜間の救急の対応です。
 毎年ホテル・旅館等の火災で人命が失われています。あってはならないことです。札幌では食中毒でも人命が失なわれました。民宿は宿泊の施設であり、”危険物取り扱い業”と意識しなければなりません。幸い私はお酒を飲めませんので夜間の救急病院への運転は大丈夫です。日々、慣れて初心を忘れることがないようにしなければなりません。安全は接客サービスの最も大切なものですね。
author:m-hasimoto, category:-, 11:47
comments(0), -, - -
Comment